口コミ多し!「疲れにくくなった」

働き盛りの世代や中年以降の年代で多くみられる口コミが、

「疲れにくくなった!」
「朝起きたときの疲労感がない」
「残業しても翌日はすっきり」

といった、スムーズな疲労回復を実感しているというもの。

水素水を飲むと、どうして疲れが溜まりにくいのか?
本当に疲労回復できているの?

水素と疲労についての「どうして?」をリサーチ!

疲労と活性酸素の関係

伸びをする女性

どうして疲労回復に水素水がいいのか?

まず覚えておきたいのは、水素水の最大の特徴は「優れた抗酸化力」。
つまり、活性酸素と戦うパワ―が強いということです。

抗酸化といえば、ビタミンやポリフェノールといった成分を含んだ食材もたくさんありますね。
緑黄色野菜やナッツ類、ワインやお茶など・・・。
食事を意識することで抗酸化作用は期待できますが、水素は「活性酸素のなかでも悪玉活性酸素だけと化合する」という特徴を持っています。
なので、健康や美容目的なら水素水を飲むのが効率的な抗酸化方法なんですね。

では、疲労と活性酸素には関係があるのでしょうか?

疲労の原因とは

身体が疲れを感じてしまうのは、自律神経を酷使するから。

自律神経には、
1、活動時に活発になる交感神経
2、夜間や安静時に活発になる副交感神経
このふたつがあります。

運動をしたり仕事に集中していたりすると、体温や心拍を調整するために交感神経が活性化。その結果、神経細胞内に活性酸素が大量に発生します。
この活性酸素が細胞にダメージを与えることで、老廃物が増えて疲労因子と呼ばれるたんぱく質を生成。
それが大脳に伝わることで、身体は疲れを認識しているのです。

だから水素がいい!

私たちの身体に疲労を生みだしているのは、活性酸素ということがわかりました。
なら答えはカンタン!

水素の抗酸化力で活性酸素をやっつけることができれば、疲労が溜まらないということです。

水素は宇宙で一番小さな分子なので、身体中の細胞のどこまでも入っていくことができます。
さらに水素は、酸素を化合して水になるという性質。(理科の授業を思い出しますね)

体内のあらゆる場所で、活性酸素を無害な水に変えてくれるので疲労因子の発生を抑えてくれるので、疲れにくい・疲れが溜まらないという効果が実感できるんですね。

疲労回復への心がけ

スマイルマークの朝ごはん

水素水による疲労回復効果はもちろん、健康のために水素水を飲もうと考える人は生活習慣にも気を遣っていそうですよね。

疲れを溜めないための生活習慣とは?

・朝食を欠かさない(3食きっちり)
・規則正しい睡眠
・就寝前にぬるめのお湯でゆっくり入浴

など、どれも自律神経のバランスを整えるために大切なポイントです。

太陽が昇ると活動をはじめ、陽が沈んだら休息。このサイクルを守ることで、自律神経の切り替えがスムーズになります。
自律神経が正常に働けば、疲労因子の発生原因である活性酸素をむやみに作りだすこともありません。

毎日の水素水&規則正しい生活リズム、これが疲れを溜めない人のライフスタイルなんですね。